▸指導内容

中学入試に必要な国語の力を短期で養成する

「中学受験 国語専門」では、お子様の国語を短期で改善することを常に目指しております(よくある質問の指導成果一例を参照)。しかしながら、実際のところ、学力ののび具合には大きな個人差があり長期的な指導が必要となることもございます。ですが、長年の指導の末編み出した方法と指導の工夫により、お子様にとっての最短コースを目指します。

中学受験国語専門の国語指導

指導成果一例はこちら

指導概略

国語に必要な知識と方法を最短で学ぶ
・国語力を短期で養成するシステム(長年の指導の蓄積とその効果的な伝達を実現するテキスト)でお子様を導く(どうにかする)。
・語句の学習も工夫し、できる限り時間を短縮する。

ケース・スタディによって、国語の方法論を身につける
・子ども(特に苦手な子)は抽象概念の理解が難しいため、事例研究を積み重ねて帰納的に国語の方法を学ぶ。

予備知識を得ることにも注力する
・国語の苦手な子は方法論を教授してもそもそも素材文の内容がわかっていないことが多いため、素材文の理解に必要な予備知識を蓄えることにも力を注ぐ。

お子様の現状を踏まえ、国語に特化した個別指導を行なう
・個別指導の利点を活かし、お子様にパーソナル・カスタマイズする。
(例)お子様のレベル(偏差値)に合わせた素材文、テキストを選定する。
(例)必要に応じ、お子様に「いま必要なこと」をプリントにして配付する。

特に国語を苦手とするお子様は基礎の基礎から鍛える
・特に苦手な子に合わせたある指導の工夫を行なう。

上記を主な指針として最短コースで国語の実力を養成します。

当方では行なっていない指導

不可としている指導法

×本文の筋道を無視した機械的な読み方

×姑息なテクニック、一部の問題にしか通用しない解き方

×限度を超えたシンプル化(シンプル・テクニックの過剰な実践)

×独自的であり塾の標準的な指導法と矛盾するもの、もしくは混乱をきたすようなもの
家庭教師国語_指導内容

語彙力を「超」短期間で高める

ことば系の学参で力がつくのは一部の受験生だけ? 「購入したものの学習が進まない。どうすればよいのでしょうか。」とのご相談を受けることが多いです。

対策の一環として、当方では『入試必須語句の知識』という語彙学習専用の教材を作成しております。一冊のテキストに可能な限り入試に出やすい語句を凝縮掲載し、短時間で学習を進められるように工夫したものです。できるだけ書き下ろしを豊富に掲載し、語句の使用状況をイメージしやすい配慮もしております。

「典型的」「スローフード」の例文

…田舎でいろりを囲んで食べるなべ料理は、典型的なスローフードである。大根、ネギ、ごぼう、にんじん、しいたけ、しめじ、かぼちゃ、麺などを土なべに放りこみ、時間をかけてゆっくり、ぐつぐつ煮込むのである。注文するとカロリーの高い食品がわずか数分で出てくるファーストフードとは対照的である。…

「サステイナビリティ」の例文

…サステイナビリティを論じるとき、地球規模で問題をとらえることは大切なのですが、問題が大きすぎるあまり一人ひとりの取り組むべき課題がわからなくなります。「わたしの地域の風土」、「わたしの住む町の自然」というふうに身近な視点を補わないかぎり、持続可能な社会を実現することは難しくなると一部の専門家から指摘されています。「世界をたすけよう」では自分の事として認識しづらいのです。…

家庭教師国語_指導内容_サステイナビリティ

論理力の強化、読む力を高める(入試素材文の多様性に対応する)

視覚的な論理フォーマット・図表を使用するなどして基本論理を学び、文や段落の構造をとらえる練習をします。まずは基本を学ぶことからスタートし、「ばくぜんと読んでいる」状態から「整理して読める」状態へと段階的に力をつけてまいります。一般的に行なわれる論理指導を、精度を高めて行なおうというものです。

たとえば、「対比」「逆接」を一例にとっても、実にさまざまなもの(書き手のスタイル=文体)がございます。対義語・対立概念を一対にしながら比べるだけの方法では、入試素材文の多様性に対応するには不十分です。

また、塾で複数の講師(学生・アルバイトも含む)からあれこれと無秩序、断片的に教わった既習内容を改めて整理、有機的なつながりをもたせたり、お子様の思考の負担を減らしたりするねらいもございます。

※ただし、当方におけるシンプル化の考え方は可能なところのみ行ない、不要な繁雑さをできるだけ緩和しようというものであり、入試素材文の多様性を思うと、大幅なシンプル化を行うこと(シンプル・テクニックの過剰な実践)は危険であるという認識でおります。

読んだ文章を後々の「力」にする

当該の文章のことのみを考え場当たりに解説するのでなく、その回の課題(素材文と設問)を深く研究していただき、それらが後々の「力」として蓄えられるようにします。

「力」となる誘導が成功しなければ、時間をかけている割にはのびないといったことも起こり得るため、各回の課題に達成すべき目標を設定しております。「学んだこと」と「学んだこと」がつながり、深い学習になるように緻密な誘導を行ないます。


・最初の10回程度の授業で方法論を大づかみに学ぶ。

 ※集中タイプのテキスト(入門編)を活用
      ↓
・多くの素材文を用いて蓄積を増やす。

 ※経験を蓄える

 ※演習タイプのテキスト(易)の活用
      ↓
・その蓄積をもとに一段階上の内容に挑戦する。

 ※演習タイプのテキスト(標準)の活用
      ↓
・方法を精密化・柔軟化し応用の範囲をさらに広げる。

 ※集中タイプのテキスト(上級編)の活用
      ↓
・習得・定着が不十分な場合は、適宜基本に返る。


【あくまで開始からの流れの一例です】

説明的文章の構造と筋道をとらえる方法を提示

文章構造(段落構成)と筆者の立てた筋道を理解できれば、大半の問題を解くための方向性がみえてまいります。設問の側で誤ることがなければ、これらを前提として大半の問題が解けるのです。

これらは説明文を攻略する重要なポイントであるため気合いを入れます。たとえば、手始めにできるだけ組み立ての明確な文章を入り口にして、次回はそれを基礎に構造のはっきりしない素材文(あいまいで読者の目で確認できる形式として伝達されないもの)に挑戦していただきます。

後者のように、文章構成は常に所定の体裁を整えて視覚的に訴えられるものではありませんので、お子様に誤解のないように多面的なアプローチをかけ、画一的なパターン思考に陥るのを避け、柔軟な対応ができるように錬成します。

ある回の一つの素材文で学んだ段落構成が、そのまま次の素材文にあてはまるわけではありませんが、

①今回学んだ文章はどのような段落構成であったか。

②次回学ぶ文章はどのような段落構成で、前回学んだ文章とどのような点が異なるのか。

こういった具合に、一度学んだことを次回以降へと繋ぎ、お子様の対応力を段階的にアップさせていく方針です。つまり、当該の回のみで事を終わらせたり、方法論を示しただけで満足したりする(教えたつもりになる)のでなく、今回の文章で学んだことを次回以降の文章に運用できる深い理解へとお子様を導くのが当方の役目であると考えております。お子様の思考の網の目を順を追って細かくし、対応の範囲を拡大いたします

物語文はどうするの?

入試の素材文の中で、「その文章の理解だけで終わってしまう→では、数をこなして地道に慣れていこう」といった妥協に陥りやすいのが物語文です。

巷間、触れられない物語文における論理的指導の限界は明らかに存在します。これは多くのSAPIXの国語指導者に共通した認識であり、解法テクニックを教えるより当該の素材文を吟味させ、子どもに「経験を教える」のがSAPIXの伝統的な指導のあり方だったかと思います。

当方ではこのようなSAPIXの指導方針を受け、物語文における論理的な解法には限界があること(方法論だけではのばし切れないところもあること)を重々認識しておく必要があると考えております。たとえば、作品の舞台や風景を描く訓練をすることや、子どもの人生経験値の不足(そのため本文のうわべしかさらえない)を補う指導も大切にちがいありません。

経験不足が原因となっている場面で指示語を追う…、「…と思う」などの文末表現に注目する…といった誘導に偏る場合、子どもの理解が鈍るのは否定しがたい事実であるということでしょうか。深い部分がわからないときに、表面にあらわれている情報に目を向ける意義を説いても指導が奏功しないわけです。

小学生には(あまり)効果がない指導法の一例

・(登場人物)は、(~を・に)、~と思った
                ~と感じた
                心の中では…であった。  
                ~のような気がした
                胸が痛んだ胸の奥では~と感じていた。
                胸がつぶれそうだった

心情表現には『思』『感』『心』『気』『胸』の5文字のいずれかが含まれていることが多いため、上記のような文型に注意して「ラインを引こう」という指導法です。入門的指導としては一定の効果があるものと思われますが、この方法のみでは十分な心情理解に至ることができません。20年ばかり前に仮説として立て授業中に試したのですが、十分な結果を得られませんでした。――「『心』を含む箇所に、登場人物の気持ちが書かれているので――線を引こう。」このような形式的アプローチのみでは不十分であると考え、より良い方法を模索し続けました。

以上から、お子様に素材文を通じて人生経験(常識、教養、予備知識…)を積ませることを大切な目標の一つとして掲げます。また、広義には方法論になってしまうのかもしれませんが、近年考案したある指導法により、作品の舞台や風景を描く特訓を行ないます。特に国語が苦手なお子様の場合、その場面の様子を十分に想像できていないことが実に多いのです。このような問題をできる限り早急に解決しなくてはなりません。

知識と心を養う一方で、心情を適切にとらえる読解法(機械的読解法ではないもの)も提示いたします。一例として心情整理のための4つの方法(整理すれば3つ)を用いて正確な心情把握をしていただく特訓をしていただきます。これは、気持ちを表す言葉に注目しよう・行動に注目しよう・文末表現に注目しよう…といった従来の方法に欠けている視点を補完するもので、心情を分析的に正しく(客観的に)読んでもらうための方法論です。

以上のように、複合的なアプローチをかけることでお子様に有意義な経験を積ませ、徐々に心情をとらえる力を身につけていただく方針です。何か特殊な指導をするのではなく、国語の成績の良い子がやっている当たり前のことができるようになることが、成績向上への近道なのです。こうして国語学習における総合的な経験を蓄え、苦手(苦手意識)を克服してまいります。

物語文でも短期養成可能な面あり

前述のように、心の面を養うには時間を要するのかもしれません。ですが、対策の一環として、中学入試に必要とされる「心情を表すことば」を体系的に覚え、それらを深く理解していただくことでお子様の頭の漫然とした状態を段階的に細やかにしていくことが挙げられます。

たとえば、「反省する/申し訳ない/後ろめたい」の相違です。前の二つ「反省」「申し訳ない」は一見似ているようですが、大きく異なる面はございませんでしょうか。「かなしい/さびしい」は似ていますが、そのニュアンスの差異は何でしょうか。

ソシュール(スイスの言語学者)の唱えるような、言語の差異の体系を理解することで、言葉の理解を深いものへと導きます。ひいてはそれが読解力へとつながります。これらは一例として挙げたにすぎませんが、物語文に必要なことば(基本的なものであれば180語程度)を正しく知ることで、正しく読め、的確に表現できるようになります。このような面は比較的短期で習得可能と考えております。

授業のない時には?

授業終了後にも効率的な見直しをしていただけるように、テキストの随所に解説や図解をちりばめています。テキストの意欲的な活用で効果はいちだんと高まります。

他のコーナーでも記載しておりますが、テキストのタイプには「集中」と「演習」の2タイプがございます。特に前者の集中タイプのテキストには、解説と図解が豊富に掲載されておりますので、効果的な復習と授業の振り返りが可能です。お子様の意欲次第ですが、効果を倍増させることができる仕組みになっており、強固な力が身につけられます。

その他、適宜考え方や注意点を一覧でまとめたナビゲーションタイプのプリントをテキストとは別途配付いたします。これを見ながら、授業がないときにも学習法および読解法をざっと確認していただくことができます。大なり小なり家庭教師代わりになることを期待して作成したものです。

物語文の指導一例はこちら


以下は設問の側からのアプローチです

 正しく読んだことを得点に結びつける。

 ※お子様の状況や指導開始の時期にもよりますが、読む姿勢がしっかりしてきた段階で提示いたします。

記号問題

志望校(受験校のみならず同じ学校の年度、受験日程も含め)やテストによって選択肢の「くせ」のようなものがあります。選択肢の読み方を短期で大きく変えるノウハウ(苦手なお子様にとっても即効性のある方法)や、出題者のひっかけに乗らないミス防止策など、記号問題で点数をとるために考案した方法を伝授します。

こうした方法によって家庭学習で錬成特訓をし、テスト会場で実戦経験を繰り返すことで、何となく場当たりで解いている状態から、選択肢への分析的な対応ができるように徐々に改善してまいります。

従来の記号問題の方法論(表面的に〇×△を付ける、道徳的な表現を選ぶ…)の問題点を探りつつ、選択肢の内部構造やニュアンス把握も繰り返し、苦手な国語を何とかいたします。

サピックスなど大手をはじめとした塾では、いまや〇×△を付けて問題を解くのは当たり前になっており、知らない子のほうが少ない印象を受けます。しかしながら、本質と乖離かいりした作業になると点数に結びつかないので、じっくりお子様のご様子を拝見しながら間違ってしまう原因を探りつつ、カスタマイズされた適切な方法(その子に合った方法)を提示する必要があると考えております。

また、当方が平素から多数の中学入試・高校入試対策の模擬試験を手がけておりますので、これまでの作問経験を活かし、出題者が仕掛けるあの手この手の選択肢のワナを含んだ記号問題(当方の作成した記号問題)を解いていただくことで、より効果的なケース・スタディが期待できます。

お子様の様子を拝見しながら、記号問題を解く方法の手順をまとめたプリントを配付するなどしてお子様の現在の理解度に合わせ『いまはココを意識してごらん』といった個別的な対応を心がける(例…お子様が記号問題を間違う原因・思考のくせを見つける、特に苦手なお子様には「少なくともこれだけは…」と的をしぼる)ことはもちろん、その一方で、どのような場合でも大切なことは、素材文の中で選択肢選びの技術を経験的に高める(意図的に、効率良く演習経験を積む)ことでしょうか。

記述問題

「記述の対策をしてほしい」とよく言われます。

しかしながら、実際にお子様を拝見すると、文章を読む(=本文の内容を整理する)ことができていないことが実に多く、このような場合は文章をどのように読むのかを優先するべきです。正しく読めていないのに正しく書けるはずがないからです。

一方で、答案の設計が上手でないお子様や、記述問題をあまり解いていない(読解はやっている)お子様も多いようです。文章はよく理解できているにもかかわらず、それを解答用紙に表現できていない(=頭の中から出していない)場合や、字数制限に対して必要とされる要素を優先的に盛り込めていない場合、そもそも書き方を知らない場合、問いの要求を満たしていない場合、練習量そのものが不足している場合…など多くございます。このような場合は答案をどのような設計で書き、何を優先的に書くべきか…記述の方法論と錬成特訓がカギとなるでしょう。

当方で授業時に用いる「特化型テキスト」には、記述の方法論(書き方のコツなど)が随所に掲載されております。教材の助けも借りながら、素材文の内容整理→記述問題を解く→答案の確認→不適切であれば適宜修正・補完→新しい素材文で以上のプロセスを繰り返す…→方法論の帰納的な会得といった流れで誘導いたします。指導の現場で効果が確認されたものを提示するようにしておりますが、方法論にとどまらず多くの問題の中で演習経験を積むことが重要です。また、方法論の解説にあたり、「啓発的項目」を羅列すると苦手な子が理解しにくくなってしまうので、そのあたりの配慮と工夫もしています。

記述問題の方法論の一例

解答欄には実際は書かないが、思考を誘導するための「かくし言葉」という発想が一例としてございます。この方法は字数制限のある記述問題に対して有効なトレーニングとなり得ます。繰り返すことで効率よく優先事項(本質)と枝葉末節を選り分けて書けるようになってまいります。方法論というより指導の工夫といったところでしょうか。

※なお、この指導法は設問を解答欄の前後に書き写す(「枠」を作成する)ものとは異なります。

記述関連の教材の一例

一例として『まとめ言葉一覧表』を配付することがございます。これはお子様の物語文の表現力をアップさせたいときに用いるものです。頭の中ではわかるがどう表現してよいのか…という悩みを解決します。

ぬき出し問題

国語において指導方法があいまいになりがちなぬき出し問題の対策も行ないます。

①まずは、ぬき出し問題の方法・設問の類型を知っておく。

②ぬき出し問題を解く時の時間配分や精神論を身につける。

③①・②をふまえ、ぬき出し問題を解く。

④その他、答えを速く探す技術を学ぶ。

ケアレスミスが特に発生しやすいのがぬき出し問題です。ここでも方法論(解答を予測するなど)を示すだけでは思うような結果を得られないので、設問を類型に分類、類型ごとに発生しやすいミスを予測、あえてミスをさせることで、経験的な学習を積んでまいります。

設問の意図を把握する習慣づけ

手始めに「ある単純な設問の読み方」をお伝えすることで、設問を正しく読み取る力を高める効果をねらいます。家庭学習の中で再現可能な方法のため、授業の初日からでもすぐに取り入れ実践していただけるものです。繰り返し実践する中で、設問を注意深く読める習慣がつき、ミスを減らす効果が期待できます。何も特殊な方法ではなく、ごく当たり前のことが国語の苦手な子にもしっかり伝わるように考案したものです。

ばくぜんと設問に印をつけるやり方では、手が動いているだけで中身の伴わない場合がございます。国語の苦手な子にとって印つけは欠かせないものであると考えておりますが、どうにもやみくもに行なう単純作業に終始しがちなのが難点でした。印つけを実践するなら、方針をもたせつつ思考の伴った作業にする必要があるわけです。

また、記述問題においては「指導効果の高かったある方法」を用いることで、致命的なミスを防止しつつ、設問の意図を正しく読み取る練習を重ねます。

上述の「ある単純な設問の読み方」は即日学習の中に取り入れていただくことができる一方で、この方法は様々な素材文と問題の中で失敗や試行錯誤をしながら経験的に学んでいく必要がございます。

国語専門家庭教師の指導内容

テストの制限時間を念頭におく

テストには制限時間がついて回ります。

現場での実感として、時間対策がさほど必要のないお子様もいれば、一方ではひたすら時間対策を練り続けなければならないお子様もいらっしゃいます。後者のお子様だと、同じ学力を持っていても、必要な時間対策を十分に行なっているかでテストの結果に大きな違いが出るものです。

時間との関係で文章のどういう部分を重点的に理解しておくべきなのかを明言、記述であれば、最低限どの程度まで書くべきなのかを、その子の現状をふまえながら提案します。お子様にはいつも時間対点数についてよく考えていただきます。

特に記述問題に関しては、制限時間内にその子の持てる力で最大限の点数をとることを優先するため、「模範解答を書くように」という指導は行ないません。

模範解答に対して、「受験生合格解答例」「最低限解答例」「逃げ切り解答例」など、その子のレベルに合わせながら、時間内でその子がいま持っている力で最大の得点をとれるように導きます。

当方がやっかいと考えているものがあります。過去問題集の模範解答です。中には解答を装飾するだけの無得点要素を含んだ解答(商品化された装飾解答)や、受験生が制限時間内にとうてい書けない解答(複数の専門家の分業と合作によって作成された解答)などがございます。このような場合、小学生の書きやすい言い回しに易しく書き換えた解答例を別紙配付することがあります。

受験直前期には時間対策は必須であり、指導の初期から時間対策を行なってまいりますが、お子様の状況(学年・苦手の度合い)によっては一気に段階を進められない場合がございます。指導には時機や段階があるのをご承知おきください。

平常授業でも志望校を見据える

当方では個別指導用テキストを作成しており、カリキュラムとして提供することができます。これは塾のように固定化されている(テキストナンバー通りに進行する)ものでなく、お子様の理解状況や志望校に応じてデータベースから取捨選択するというものです。前もって志望校が確定している場合、志望校を見据えてテキストを選択することが可能です。

ノウハウより錬成を|方法論の経験化

国語の苦手な小学生の場合、方法論を教える「だけ」では成績は思うようにのびません。方法論を学ぶだけでなく、目の前の課題の中で経験的に身につけることが大切です。


  方法論(本文の読み方、設問の解き方、記述の書き方…)を示す。
             ↓
 例題(見本)を用いて方法論の使い方を学ぶ。 
※方法論をすぐに運用できる子(苦手な子は特に)は少ないので、以降のプロセスを徹底する必要がある。
方法論が主にならないように気をつける。 
             ↓
 一度学んだ方法([例]心情の変化の読み方)について、他の新しい素材文で理解を深める。
※この時点でも当該の素材文に限定した解説をするのでなく、/の段階で学んだ方法論([例]心情の変化の読み方)に立ち返ることをする。
             ↓
  さらに別の素材で反復学習し、テストで点数をとれるレベルまで引き上げる。
方法を経験として身につける

のプロセスを最適化することが、成績の短期的改善のための柱の一本であると考えております。

国語の苦手なお子様|もう一つの克服するべき課題

国語の苦手なお子様は、字面を追うにとどまり素材文それ自体がわからないことが多々あり、そのため人生経験(常識、教養、予備知識…)を増やすことも目標に掲げる必要がございます。

国語の苦手なお子様の課題は様々あるかと存じますが、この点を短期改善のためのもう一の柱としてご提案いたします。

〈中学受験 国語専門〉が現役で指導する間は、担当生徒の利益を守るため、指導内容を著作物として出版することはございません。指導開始となった場合、当方の授業用テキスト、その他語句テキスト・一覧表・ナビゲーションなどの著作物は、お子様の学力向上のため、ご家庭内限定で用いるものとさせてください。ご指導開始時に「契約書」に一筆ご記入いただきます。

お問い合わせはこちら